前のページへ戻る 次のページへ続く
フジワラは、より快適で安心したメガネライフをお過ごしいただくため、メガネの掛け具合
定期点検を実施しております。

メガネを気持ちよくご使用いただくために、ゆるみ・まがったフレームの調整をおすすめし
ます。

レンズとフレームによってメガネへと組み上げられ
て構成されております。

人の顔や頭は左右非対称なので左右対称のメガネ枠
を掛ける値斜めになってしまいます。

鼻がまがていたり左右の目や耳の上下が個人個人で
左右それぞれ相違しています。
鼻から耳の後ろまでの距離・耳裏のカーブなどの相
違をメガネを掛ける人に合わせて調整します。

メガネフレームは角膜頂点からレンズ裏面までの距
離を12mmに設定し行いますので、12mmより広く
なったり、狭くなったりすると、レンズの度数より、
強くなったり、弱くなったりします。
そのほかにも、メガネが離れすぎると、視野が狭く
なったり、鼻にかかる重量の負担が大きくなります。
そこで、左右パッドを調整し、12mmに調整します。
レンズの傾斜角は、楽な視線位置で、水平視線より、
5〜10°下方に傾きます。
この視線位置とレンズ主平面を直交させることによ
り、メガネを快適に使用することができます。

レンズの傾斜角は、一般的によく使用する視線位置
と直交させるようにします。
この視線は一般に身長が170cmの人の場合、通常10
〜20m先の床に向かいます。
この位置が、眼の筋肉のもっともバランスのとれた
楽な視線位置で、個人差はあまりありません。

この視線は、水平視線より、5〜10°下方に傾きます。
この視線位置とレンズ主平面を直交させることにより、
メガネを快適に使用することができます。

次のページへ続く